Let`s Enjoy Color!!

こんにちは!apresのハムラです

 

 

今日は色を長く楽しむ為のホームケアアドバイスです

 

 

 

せっかく色を入れたのにすぐに褪色してしまう方必見です!!

 

 

 

 

基本的には髪のダメージを避けることが色を長持ちさせるヒケツです!

 

 

 

 

でもどうすればいいか分らない!  

 

 

 

 

分かりやすくご説明いたします!

 

 

 

 

    

one当日のシャンプー

カラー当日は帰宅してから、髪を洗うことはなるべく避けましょう。

 

ケミカル施術した後の髪は不安定な状態になっているので、

 

乾燥した状態=外部刺激に強固な状態にしておいた方がいいです!

 

two自宅でのシャンプーの仕方

水に濡れた状態の髪は傷みやすいので、髪同士を摩擦するような洗い方や

 

タオルドライは避けましょう!

 

シャンプー剤はあまり洗浄力が高くないものがお勧めです!

 

また熱いお湯で洗うのも褪色を促進させていきますwobbly

 

 

 

one濡れた状態を長引かせない

これは聞いたことがあるかもしれませんね!

 

そうなんです!

 

水分がある限り髪は膨潤してキューティクルが開いてるので、

 

外界からの刺激に弱く、色素の流失もしやすいです!

 

twoヘアケア剤によってドライに時間がかかることも

長時間熱風を当てると変色の危険性もありますsweat01

 

乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけることはお勧めしますが

 

市販のヘアケア製品にはツヤを出したりしっとりさせる成分は乾きにくくします。

 

あまり乾きにくいようでしたら、重さのない、髪に残りにくいヘアケア剤をお勧めします!

 

 

oneアイロンの温度

高い温度は毛髪ダメージを引き起こすだけではなく、

 

カラーを変色させる原因にもなります!

 

暖色なら140℃以上、寒色ならもっと下の温度でも色が変わりやすくなります!

 

低温でカールをつけてスプレーやカーリングミストなどをつけるのもいいと思います!

 

two毛先の褪色が気になるならヘアクリームを

染めた髪は褪色すれば、毛先の方が明るくなるのが自然。

 

それでもどうしても気になるようでしたら、毛先にヘアクリームなど

 

保湿効果のあるスタイリング剤を使ってみましょう!

 

明度が低く見えて褪色が目立たなくなります!

 

これは一時的なアドバイスですcoldsweats01

 

 

one外出前の朝シャンに注意!

これは一概には何ともいいにくいのですが、パーマをよく出してムースを付けたい、髪の毛の根元が

 

潰れてしまってスタイリングが出来ないなどの場合は濡らすことをお勧めします!

 

そういった事を除外して「会社に着くまでに乾けばいいか!」なんてことはカラーを褪色するのを促進させてしまいますcrying

 

紫外線や風などでも傷めてしまうことが多々あります!

 

 

 

 

 

なかなか全部をやるのは難しいと思いますので頭の片隅に置いておいていただけたらと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年6月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30